成分

シーバックソーン オイル

シーバックソーンオイルはビタミンと多くの栄養素の最強チーム。シーバックソーンはインドなどで伝統的な治療に用いられるなど、多くのスキンケア目的で使用されています。

シーバックソーン(Sea Backthorn)は名称とは異なり、海(Sea)から来ているわけではありません。かわいい黄色の実をつけるこの植物は、アジア地域に多く分布し、やけど、切り傷、発疹の治療などに古くから使用されてきました。

 

シーバックソーンはビタミンA、βカロチン、アミノ酸、脂肪酸などが豊富に含まれています。血行促進、咳症状の治療、代謝機能の調整など、ヒーリング効果は抜群。種子と実の両方にオイルを含んでいますが、ナイリアンはCo2抽出法を用いて種子オイルのみを抽出しています。

近年、肌組織に栄養を与えることから、シーバックソーンは化粧品などで人気が出てきました。アンチエイジング商品にこのオイルを使用することで、健康的な肌の色、つや、そしてはりをもたらします。

ナイリアンはファーミングクリーム(Firming Cream)とナイとシーラム(Night Serum)にシーバックソーンオイルを使用しています。